Hima Blog

世界のこととかITとか、ゲーム、イベントなどについて書きます!

ネタバレあり スリービルボード感想 悪が裁かれるというのはおとぎ話

娘をレイプされ殺された母親が、大きな三つの広告(ビルボード)を路上に出すところから物語はスタート。

 

「なぜ?ウェルビー所長」

 

「いまだ捜査されない事件」

 

「娘はレイプされ殺された」

 

みたいな内容。

娘を殺されたとはいえ破天荒すぎるかあちゃんの登場シーンでグッと心を掴まれます。

 

はじめは、「職務怠慢の警察 VS 娘を殺された母ちゃん」という構図で見始める。

展開的に、ハハ〜ン「捜査が進まない事件。広告を出すことで捜査が進展し、真犯人が捕まる」

という感じだな、と想像してたのだが、のちに完全に裏切られる。

 

物語で出てくる、母親、所長、ディクソンの三人がキーになる。

よく映画では警察は悪者として描かれ、被害者である母は完全に善だと描かれがちだが、この映画では違う。そこが見所だったりする。

 

ちょっと三人の紹介を。

 

所長

広告でものすごい批判をされ、職務怠慢だと思われている所長も実はしっかり捜査していて、それでも証拠が出てこないことを残念に思っている。

私生活では娘想いの良いパパ。母親が広告費を払えなくなりそうな際には広告費を支払ってくれたりもする。

 

ディクソン

ディクソンはキレやすく、黒人差別をしている。それに今回の事件でしっかり捜査をしていなかったり、広告屋をタコ殴りにしたりする。だが、実は父親が死んだ際に苦労しており、根はいいやつだ。警察署が燃やされた際も事件のファイルを抱え必死に火の中に飛び込む。

 

母親

冒頭で被害者として描かれる彼女。娘を亡くしたとはいえ、この母親はいわゆる良き母親ではない。

娘とは仲が悪く、旦那とも別居?しているし、いじめられている息子の同級生に暴力を振るったり、警察署に放火したり。(クレイジーすぎる)

 

冒頭で観客がこいつはこういうキャラだな、と思ったのを全部裏切られるのでついつい続きを見てしまう。

 

ここらへんで、あっしは

この作品の監督は

「悪人だと思った人が実は全然悪人じゃなかったり、善人だと思った人でも悪いことをしていたり、現実って善悪の線引き難しいよね」

ってことを描きたかったのかな?と考え出しました。

 

劇中で

「怒りは怒りを来す」

という表現があったが、母親の怒りが、どんどん伝染していく様はまさにその言葉のよう。

 

息子との関係が悪くなったり

別居中の旦那と揉めたり

旦那に看板燃やされたり

なんか知らない人に喧嘩売られて物投げられたり

デート相手にぶちギレられたり

 

いくら娘をなくした被害者とはいえずっと怒ってしかめっつらだったらそらそうなるわ、、、

 

 

んでもって最終的に犯人は捕まらず終わるので、えーーー!となるんだけど

最後まで見てしまったしなんかよくわからんけど面白かった。

 

 

この映画のテーマは?と聞かれたら

 

「善悪は現実ではきれいに線引きできない。

犯罪は悪だが現実では捕まらないこともある。」

 

ということだろうか。

 

普通の映画だと、最後に犯人を捕まえてハッピーエンドになるので

この映画もそのつもりで見てしまった自分がアホらしい。

現実では無残な殺人事件の犯人が幸せに暮らしていることもあるのに。

なんとなく漫画の「外道の歌」を思い出した。

外道の歌では、途中まで幸せに暮らしている加害者・殺人者がいるが

最後はきっちり復讐する。

この映画ではそれすらできない。

それが現実。

犯人が誰かは最後までわからない。

 

また、母親も警察署に放火しているのに捕まらないし

ディクソンも広告屋さんをタコ殴りにして病院おくりにしているが警察をクビになるだけで済んでいる。

別居中の夫も、看板を燃やすが捕まらない。

 

 

ある種無法地帯かな?と思わせるが、これも現実ではすべての事件が解決されるわけではないってことをあらわしてるのかな、と思ったり。

 

キーの三人

所長、ディクソン、母親

三つの広告

の対比でこのテーマを描いているのだろうか。

 

面白く最後までみれたし、テーマや構成について考えさせられる映画でした。

 

 

 

KuToo運動とハゲとドレスコード 人は見た目で分かんなくない?

女性が会社でヒール・パンプスを履かなきゃいけないっていう風潮を性差別だとして女性がむむむってした運動だそう。

1万8千人の署名が集まってるらしい。

確かに女性だけヒール履かなきゃなんないのっておかしいよね。

 

本の学校だと、みんな画一的な同じ制服を着ることを強要されたり、

髪の毛が少しでも長ければ注意され、染めても注意され、

あっしの高校生時代は天然パーマ申請なるものがあったり。

天然パーマ(地毛)なのか、おしゃれでパーマをかけてるのかわからないので地毛なら申請してね〜という制度。

とくに誰にも迷惑をかけてるわけでもないのに、ファッションくらい自由にさせればいいのにね。

 

同じクラスにロシア人、ウズベキスタン人、アメリカ人、スイス人、オランダ人がいたらどうするんでしょうね?

先生「イヴァンくん!学校では黒髪って決まってるから金髪にしたらだめだよ!」

イヴァンくん(ロシアン)「これ地毛ですけど、黒に染めないとダメ。。。?」

先生「。。。」

 

日本だと接客業でも、茶髪、ピアス禁止のところあるよね。

わりと海外だとピアスしてたり、タトゥー入れてたりする人が働いているっぽいけど。

 

普通の会社でも茶髪の男性てあんまいないよね。

茶髪だと不快感を与えるからいけないのかな??

ハゲの上司の方が不快だなあと思うのはあたすだけ??

んで、女性は会社にいってもわりと髪の毛を染めるのが許されていたり。

これって男性差別じゃね?とか思ったりね。

 

 

 

ネタバレあり 金曜ロードショー「カメラを止めるな」感想

ずっと見たかった「カメラを止めるな」

映画好きの2ch創設者 西村ひろゆきさんも確かオススメしてて、

どんでん返しあり、みたいな感じで前評判も高かったので期待していた映画。

それが金曜ロードショーで放送されるというので見た。

 

ーーーーーーー以下ネタバレーーーーーー

 

 

結論からいうと

「40分は我慢せよ!!!!」

 

この映画は、前半つまらんな〜、やっぱ低予算映画か、、、と思わせておいて、

その映像の乱れやテンポの悪い展開には実はちゃんと理由・設定がありました!!!という映画。

 

 

前半

ゾンビ映画をとっていたカメラクルー達がゾンビ?(本物かどうかはまだわからない)におそわれる→ 一旦 fin

 

後半

じつは前半の映像はまるまるTVの企画の映像で、

その企画が「生放送、ワンカット一本撮り」というゾンビテレビのものだった!!!

(ここでゾンビは偽物だったとわかる)

 

で、前半までが40分くらい。

 

視聴者は、低予算だからカメラが揺れたり、

展開が冗長だったりするんだろうな〜と思っていたものが

実は、ワンカット一本撮りで生放送がゆえに

裏でおきていたハプニングのせいだった!!!

というのがわかるんです。

 

 

前半の映像には、

・なぞに趣味の話をするシーンがあったり(裏でハプニングが起きて、間を持たせるため)

・スタッフの人が急に外に出て行ったり(腹痛)

・カメラが終始揺れていたり(酒好きのカメラマンが酔っ払ってしまった)

・急に物音がしたり(裏でバタバタしていた音)

・なぞの足が写り込んでいたり(展開が変わったためカンペを読ませるスタッフ)

・棒読みで、「コンナトコロニオノガー」と言ってみたり(展開が変わったため)

 

などなど、後半をみたら、だからこうだったのね!と納得するシーンばかり。

理由があるがゆえに、前半はワンカットだったり、カメラもゆれてたのね〜

と納得できるし、監督もあえてそうすることで予算も抑えられるし、一石二鳥。

 

映画「SAW」も、そんな風に低予算で作りたいから

出演者と場面が限られているシーンで映画を作ったらしく、

だからあんな奇抜な設定になったらしい。それと一緒。

パラノーマルアクティビティとかもね。

 

ただ、エンタメ作品としてだけみたら

40分我慢しないといけないっていうのがなかなか強気だな〜

と思いました。

 

SAWとかは最初っから面白くて、

どうなんの?どうなんの?

わ!

わ!

えー!!

でどんでん返しもあったけど

 

この映画は

 

なにこれ???つまんなくね???

つまらんやん。

やっぱつまらんやん。

はぁー

 

fin

 

え?

え?

 

あーなるほど。

 

 

あー!!!笑

 

あーね!!!

 

ほっこり笑

 

という感じ。

 

 

なので個人的には「SAW」的な最初から面白い作品の方が好きだなあ、と思ったりしました。

あと、後半パートは撮影で起きたハプニングをうまく回避していくさまと、

前半のコレは実はコレのせいでした!みたいな解答する感じで面白いんだけど

それなら「ラヂオの時間」の方がおもろくない?と思ったり。

 

 

最近、こういうクセとオチのある映画より、ハナから面白い映画が好きになってしまった。

「ネタバレあり」NetflixのBlack Mirror バンダースナッチを見た!

Netflixのバンダースナッチという映画を見ました。

これは、インタラクティブドラマと呼ばれるやつで、映画の途中に選択肢が提示され、視聴者がどちらを選ぶかによってストーリーが分岐する、というもの。

 

ははーん、これ面白いやつだな!と。

こういう形式のコンテンツって、劇団スカッシュさんの「隙間男」だったり、

ゲームだとUntil Dawn?も確かストーリーが分岐するゲーム。

最近だとアンドロイドが人間っぽさを出す「Detroit become human」とかもオチが選択によって変わる。

 

どれどれと見始め、、、

 

 

簡単にいうとステファンがゲームを作る話なんだけど

ゲーム会社からのオファーを受けるとなぜかゲームの評価が下がって、またストーリーが戻されてしまう。

いやこれ「断る」が正解なんかい!と。

 

で、なんやかんやあったんですが

視聴者が選択肢を選択して主人公を動かしている

ということに主人公ステファンが気づいて

それも物語に組み込まれている、という手のこったストーリー。

 

最後には誰かに操作されてるー!!!と気が狂って父親殺す。

殺したおかげで集中してゲーム作ることができましたとさ!

 

で、最後にはこの主人公が作ったゲームを元にして

ストリーミング映画を作ることになり、その作っている映画が今みている

「バンダースナッチ」というオチ。

 

 

 

インタラクティブドラマで、しかもストリーミング動画ということで目新しさはありました。

ただ、「バタフライエフェクト」っぽさが出てしまっていて、個人的にはうーん。。。

 

視聴者が選択している、ということがストーリーに組み込まれていたり、主人公が視聴者の選択を拒否する、みたいな描写は結構おもしろかったです。

 

それより主人公の俳優さん、国分太一さんに似ているなーと思いました。

 

 

小池ノクトさんの「蜜の島」が面白い

ホラー・ミステリー系漫画家の小池ノクトさん。

大好きで、色々な作品読んでいるんですが「蜜の島」もめちゃくちゃ面白かった。

 

あらすじ

戦時中、軍人として戦っていたとある青年。

一緒に戦っていた友人の死に際に「我が子を故郷へ届けて欲しい」と頼まれる。

刻は移り戦後ー

友人の子、蜜(みつ)の故郷である 岩津(いわづ)島でいろんな事件が起きる。

島民の様子もなんだかおかしく、、、

 

 

岩津島は、日本から隔離されていたガラパゴス的な島で、地図にも乗っていない。

そのことから「ちょっとマジ何それ」的な独特な風習があり、その風習が主人公たちをいろんな事件に巻き込んでいく。

序盤は小池ノクトさんのいつものホラー展開かな?と思ってたんですが

読んでみるとミステリーさ強めで、謎がいい感じにちりばめられてて、「なにこれ?なにこれ?」と思っているうちに読み終わってしまいます。(全4巻)

 

また、最後にはどんでん返し的なオチもあり、

主人公と行動をともにする内務省の瀬里沢(せりざわ)という男の推理も、ミステリー感があって面白いです。

 

最近みた映画で面白かった「GET OUT」に似た

ある場所にいって、なんか変な人たちがいるなーと思ってたら

実はさらに予想の斜め上をいくマジキチ加減だった、、、というお話。

 

ミステリー好きにもどんでん返し好きにもおすすめできる作品でした。

ホラー要素少なめです。

 

 

The Walking Dead: A New Frontier エピソード2まで見た。

リリースされたのが2016年12月。2月になってようやく見ました。

 

今回の主人公となるJavielの兄Davidとが実はNew Frontierの幹部だった、というところでエピソード2が終わりました。

Davidが攻撃型生存者グループであるNew Frontierの幹部になっている、というのを納得させる箇所がいくつかちりばめられています。

 

・エピソード1の始まりで、何年も帰ってこなかったJavielをDavidがいきなり殴る。

・二人兄弟(兄 弟)で、兄は攻撃的、弟Javielは優しい。

・KateがDavidの大事な皿を割ってしまい、どやされる〜とビクつく。

・Kateが、Davidの息子Gabeが、DavidとJavielどっちの性格を受け継いでるかは分からないわね〜と話す。

・Davidは冒頭以降話に出てこない(噛まれてないので死んではいないかも、という伏線)

 

ーDavidが攻撃的

ー対照的にJavielは優しい(クレメンタインにも”assholeじゃなくて良かった”と言われていた”)

ってところで納得させています。

 

性格が両極端な二人を置くことで極限状態での人間の在り方、

生きるためには荒々しさじゃなくて優しさも必要だよ、というのを表したかったのでしょうか。

 

ーーー

 

シーズン2までは、どこか優しさがあったクレメンタインが、ツヨツヨ女子になっていてそこもまた可愛かったです。

”好きか嫌いか言う時間”「ちゃん付け」セクハラ 「さん付け」で良くない?

坂上忍さんが司会を務める討論番組

”好きか嫌いか言う時間”にて、職場内のセクハラについて討論されていた。

 

特に男性上司が、女性部下に対して「ちゃん付け」で呼ぶのがセクハラか否かについて。

 番組では実際に「ちゃん付け」をしたことを不快に思った女性が上司に報告し、「ちゃん付け」した男性がクビになったケースや、職場の女性に告白してクビになってしまった男性のケースを紹介。

 

「さん付け」で良くない??

「ちゃん付け」でどうしても呼びたいならプライベートで呼べばいいじゃん。

で、そもそもプライベートで仲良くない位の距離感なら「ちゃん付け」するなよ。

 少なくとも、「ちゃん付け」より不快感を与えにくい、男女ともに使える「さん付け」があるのだからそちらを使えばいいでしょう。

 

海外だとMr. Mrs.とかで呼ぶからあまり問題は無い気がするけど、どうなんだろう。

英語だと一人称は「I(アイ)」だけだけど

日本語だと一人称は

 

私(女性がメイン。ビジネスでは男性も)

俺(男)

ウチ(misono)

僕(草食系男子)

あちき(江戸っ子女性?)

ワシ(名倉)

ワイ(2chねらー)

某(お侍さん)

あっし(てやんでい)

おいどん(西郷どん)

オイラ(ひろゆき

小生(夏目漱石

自分(べしゃり上手い男が使いそう)

...

とざっと上げただけでこんなにある。

「ちゃん付け」 「さん付け」問題も日本独自の問題なのかもしれない。