Hima Blog

世界のこととかITとか、ゲーム、イベントなどについて書きます!

ネタバレあり 金曜ロードショー「カメラを止めるな」感想

ずっと見たかった「カメラを止めるな」

映画好きの2ch創設者 西村ひろゆきさんも確かオススメしてて、

どんでん返しあり、みたいな感じで前評判も高かったので期待していた映画。

それが金曜ロードショーで放送されるというので見た。

 

ーーーーーーー以下ネタバレーーーーーー

 

 

結論からいうと

「40分は我慢せよ!!!!」

 

この映画は、前半つまらんな〜、やっぱ低予算映画か、、、と思わせておいて、

その映像の乱れやテンポの悪い展開には実はちゃんと理由・設定がありました!!!という映画。

 

 

前半

ゾンビ映画をとっていたカメラクルー達がゾンビ?(本物かどうかはまだわからない)におそわれる→ 一旦 fin

 

後半

じつは前半の映像はまるまるTVの企画の映像で、

その企画が「生放送、ワンカット一本撮り」というゾンビテレビのものだった!!!

(ここでゾンビは偽物だったとわかる)

 

で、前半までが40分くらい。

 

視聴者は、低予算だからカメラが揺れたり、

展開が冗長だったりするんだろうな〜と思っていたものが

実は、ワンカット一本撮りで生放送がゆえに

裏でおきていたハプニングのせいだった!!!

というのがわかるんです。

 

 

前半の映像には、

・なぞに趣味の話をするシーンがあったり(裏でハプニングが起きて、間を持たせるため)

・スタッフの人が急に外に出て行ったり(腹痛)

・カメラが終始揺れていたり(酒好きのカメラマンが酔っ払ってしまった)

・急に物音がしたり(裏でバタバタしていた音)

・なぞの足が写り込んでいたり(展開が変わったためカンペを読ませるスタッフ)

・棒読みで、「コンナトコロニオノガー」と言ってみたり(展開が変わったため)

 

などなど、後半をみたら、だからこうだったのね!と納得するシーンばかり。

理由があるがゆえに、前半はワンカットだったり、カメラもゆれてたのね〜

と納得できるし、監督もあえてそうすることで予算も抑えられるし、一石二鳥。

 

映画「SAW」も、そんな風に低予算で作りたいから

出演者と場面が限られているシーンで映画を作ったらしく、

だからあんな奇抜な設定になったらしい。それと一緒。

パラノーマルアクティビティとかもね。

 

ただ、エンタメ作品としてだけみたら

40分我慢しないといけないっていうのがなかなか強気だな〜

と思いました。

 

SAWとかは最初っから面白くて、

どうなんの?どうなんの?

わ!

わ!

えー!!

でどんでん返しもあったけど

 

この映画は

 

なにこれ???つまんなくね???

つまらんやん。

やっぱつまらんやん。

はぁー

 

fin

 

え?

え?

 

あーなるほど。

 

 

あー!!!笑

 

あーね!!!

 

ほっこり笑

 

という感じ。

 

 

なので個人的には「SAW」的な最初から面白い作品の方が好きだなあ、と思ったりしました。

あと、後半パートは撮影で起きたハプニングをうまく回避していくさまと、

前半のコレは実はコレのせいでした!みたいな解答する感じで面白いんだけど

それなら「ラヂオの時間」の方がおもろくない?と思ったり。

 

 

最近、こういうクセとオチのある映画より、ハナから面白い映画が好きになってしまった。

「ネタバレあり」NetflixのBlack Mirror バンダースナッチを見た!

Netflixのバンダースナッチという映画を見ました。

これは、インタラクティブドラマと呼ばれるやつで、映画の途中に選択肢が提示され、視聴者がどちらを選ぶかによってストーリーが分岐する、というもの。

 

ははーん、これ面白いやつだな!と。

こういう形式のコンテンツって、劇団スカッシュさんの「隙間男」だったり、

ゲームだとUntil Dawn?も確かストーリーが分岐するゲーム。

最近だとアンドロイドが人間っぽさを出す「Detroit become human」とかもオチが選択によって変わる。

 

どれどれと見始め、、、

 

 

簡単にいうとステファンがゲームを作る話なんだけど

ゲーム会社からのオファーを受けるとなぜかゲームの評価が下がって、またストーリーが戻されてしまう。

いやこれ「断る」が正解なんかい!と。

 

で、なんやかんやあったんですが

視聴者が選択肢を選択して主人公を動かしている

ということに主人公ステファンが気づいて

それも物語に組み込まれている、という手のこったストーリー。

 

最後には誰かに操作されてるー!!!と気が狂って父親殺す。

殺したおかげで集中してゲーム作ることができましたとさ!

 

で、最後にはこの主人公が作ったゲームを元にして

ストリーミング映画を作ることになり、その作っている映画が今みている

「バンダースナッチ」というオチ。

 

 

 

インタラクティブドラマで、しかもストリーミング動画ということで目新しさはありました。

ただ、「バタフライエフェクト」っぽさが出てしまっていて、個人的にはうーん。。。

 

視聴者が選択している、ということがストーリーに組み込まれていたり、主人公が視聴者の選択を拒否する、みたいな描写は結構おもしろかったです。

 

それより主人公の俳優さん、国分太一さんに似ているなーと思いました。

 

 

小池ノクトさんの「蜜の島」が面白い

ホラー・ミステリー系漫画家の小池ノクトさん。

大好きで、色々な作品読んでいるんですが「蜜の島」もめちゃくちゃ面白かった。

 

あらすじ

戦時中、軍人として戦っていたとある青年。

一緒に戦っていた友人の死に際に「我が子を故郷へ届けて欲しい」と頼まれる。

刻は移り戦後ー

友人の子、蜜(みつ)の故郷である 岩津(いわづ)島でいろんな事件が起きる。

島民の様子もなんだかおかしく、、、

 

 

岩津島は、日本から隔離されていたガラパゴス的な島で、地図にも乗っていない。

そのことから「ちょっとマジ何それ」的な独特な風習があり、その風習が主人公たちをいろんな事件に巻き込んでいく。

序盤は小池ノクトさんのいつものホラー展開かな?と思ってたんですが

読んでみるとミステリーさ強めで、謎がいい感じにちりばめられてて、「なにこれ?なにこれ?」と思っているうちに読み終わってしまいます。(全4巻)

 

また、最後にはどんでん返し的なオチもあり、

主人公と行動をともにする内務省の瀬里沢(せりざわ)という男の推理も、ミステリー感があって面白いです。

 

最近みた映画で面白かった「GET OUT」に似た

ある場所にいって、なんか変な人たちがいるなーと思ってたら

実はさらに予想の斜め上をいくマジキチ加減だった、、、というお話。

 

ミステリー好きにもどんでん返し好きにもおすすめできる作品でした。

ホラー要素少なめです。

 

 

The Walking Dead: A New Frontier エピソード2まで見た。

リリースされたのが2016年12月。2月になってようやく見ました。

 

今回の主人公となるJavielの兄Davidとが実はNew Frontierの幹部だった、というところでエピソード2が終わりました。

Davidが攻撃型生存者グループであるNew Frontierの幹部になっている、というのを納得させる箇所がいくつかちりばめられています。

 

・エピソード1の始まりで、何年も帰ってこなかったJavielをDavidがいきなり殴る。

・二人兄弟(兄 弟)で、兄は攻撃的、弟Javielは優しい。

・KateがDavidの大事な皿を割ってしまい、どやされる〜とビクつく。

・Kateが、Davidの息子Gabeが、DavidとJavielどっちの性格を受け継いでるかは分からないわね〜と話す。

・Davidは冒頭以降話に出てこない(噛まれてないので死んではいないかも、という伏線)

 

ーDavidが攻撃的

ー対照的にJavielは優しい(クレメンタインにも”assholeじゃなくて良かった”と言われていた”)

ってところで納得させています。

 

性格が両極端な二人を置くことで極限状態での人間の在り方、

生きるためには荒々しさじゃなくて優しさも必要だよ、というのを表したかったのでしょうか。

 

ーーー

 

シーズン2までは、どこか優しさがあったクレメンタインが、ツヨツヨ女子になっていてそこもまた可愛かったです。

”好きか嫌いか言う時間”「ちゃん付け」セクハラ 「さん付け」で良くない?

坂上忍さんが司会を務める討論番組

”好きか嫌いか言う時間”にて、職場内のセクハラについて討論されていた。

 

特に男性上司が、女性部下に対して「ちゃん付け」で呼ぶのがセクハラか否かについて。

 番組では実際に「ちゃん付け」をしたことを不快に思った女性が上司に報告し、「ちゃん付け」した男性がクビになったケースや、職場の女性に告白してクビになってしまった男性のケースを紹介。

 

「さん付け」で良くない??

「ちゃん付け」でどうしても呼びたいならプライベートで呼べばいいじゃん。

で、そもそもプライベートで仲良くない位の距離感なら「ちゃん付け」するなよ。

 少なくとも、「ちゃん付け」より不快感を与えにくい、男女ともに使える「さん付け」があるのだからそちらを使えばいいでしょう。

 

海外だとMr. Mrs.とかで呼ぶからあまり問題は無い気がするけど、どうなんだろう。

英語だと一人称は「I(アイ)」だけだけど

日本語だと一人称は

 

私(女性がメイン。ビジネスでは男性も)

俺(男)

ウチ(misono)

僕(草食系男子)

あちき(江戸っ子女性?)

ワシ(名倉)

ワイ(2chねらー)

某(お侍さん)

あっし(てやんでい)

おいどん(西郷どん)

オイラ(ひろゆき

小生(夏目漱石

自分(べしゃり上手い男が使いそう)

...

とざっと上げただけでこんなにある。

「ちゃん付け」 「さん付け」問題も日本独自の問題なのかもしれない。

 

PPAPに感じた日本と海外のお笑いの違い ゆとり世代こそ日本を変える

前にも書いたのですが、日本のお笑いと海外のお笑いの違いって結構あるよね。

 

日本のお笑い=複雑、ひねりすぎ、察させる

海外のお笑い=シンプル、バカ

細かくはもっと違うんだろうけど、ま~こんな感じ。

 

スマホやモバイル動画が浸透してきて、世界中のクリエイター、お笑い好きな方が情報発信できる世の中になってきました。

そんな中で世界中にウケるコンテンツは、やっぱ世界スタンダードな”シンプル”な笑いなんだよね。

 

"江南スタイル"だったり、"PPAP"だったり、パット見の衝撃があって、なんか真似したくなるお笑い。

 

で、ふと思ったけどこういうシンプルなお笑いに回帰する現象って国内でも起きてね?

ラッスンゴレライとか、Youtbeのバカやってみました動画とか。

おじさんたちは、「な〜にがおもろいんだ!!!」って思うでしょうけど。

ゆとりとバカにしてた若い世代の方がグローバルスタンダードに馴染んでるんだよねー。

若いってすごいやん?

そんなゆとり世代が海外にどんどん出ていって、世界中に愛される、そんな日本になったら楽しいだろうな〜。

ツイッターで直接政治すればよくね?

しょーもない政治家がしょーもない法案つくるなら、

みんながツイッターで投票やら審議しあって政治行えばええよね。

 

昔はインフラ整ってないし、時間かかるからーいうて間接民主主義になったらしいじゃん。今ならできんでねーの。

 

ないし、グーグルそれに近い事すでにやってるよね?

Amazon、グーグル、AppleFacebook

小国家よりすでに大きい収益があるグローバル企業が、Wi-Fiの整備、災害時の支援・ボランティアなどなど。

本来国がサポートすべき部分で、グローバル企業の方がスピーディにしかもより効果的に大きな影響を与えいる。

 

いや、企業になんか任せたら大変や!っておもーじゃん?

でも大半の人って大して政策のこと知りもしないで、顔がちょっといいだけのおじさん、おばさんに投票するんでしょ?どうせ。

知人に頼まれたから〜いうて入れるんでしょ。

 

そんなんならAndroidやグーグル検索っつーすげー商品を世の中に広めてくれた企業とかに政治任せた方がいい商品(国・政治)が出来上がる、って想像できないかな。

 

まー実際はできるんだと思うけど、感情で判断してしまう人が多いし、世の中の多くの人は初めてのことにチャレンジしたくない、そのくせ文句ばっかいう人ばっかだから、実現は難しいかな〜。

 

ゆっくりとFacebookやグーグルが、アフリカの国を変えつつあるやん。

そうやってアフリカ、貧しい国を巨大グローバル企業が救う。

で、出てきた優れた人材を雇ってまたデカくなる。

ほいで、国よりも力つけて、グーグルが税金を集める。

ほいで、生活保護ならぬ「グーグルケア」みたいなの作って、働きたくない人は最低月給をもらって働かなくてよくなる、っていう世の中になりつつあるよね。

今って、頑張ってる人の足を引っ張ってる人もおるだろうから、そういう人が働かないでお金もらえる代わりに、優秀な人の足を引っ張らなければより世の中よくなるよなあ。