Hima Blog

世界のこととかITとか、ゲーム、イベントなどについて書きます!

今の格安MVNOサービスってどこがいいの?

 

いま、僕が使っているのはau

1年ちょっとまえまでソフトバンクでiPhone4を使っていたのだが、

ちょうど契約更新ってことでauに乗り換えてiPhone5にした。

今払ってる月々の料金はLTEで7GBまで使えて、3400円くらい。

 

契約時に、なんでこんな安いの!?って思ったんだけど、

ソフトバンクから乗り換えたからこんなに安いらしい。

それまで5900円くらい払ってたのに、乗り換えただけでこんな安いんかい!

ってめっちゃ驚いた。

 

 

で, 最近SIMフリーの格安プランがどんどん出てきて、

わりと乗り換えたいな〜と思ってるんだけど、

契約解除料と、月々使える通信料

(今7GBだけど格安プランに変えたら3GBとかになる?)を考えて、

今のauで満足してたわけ。

 

でも母親が変えるーいうからすこし詳しくみてみることに。

 

 

そもそも格安SIMとau,ドコモ、ソフトバンクの違いとは

 

今使ってるスマホは、simカードつって、個人情報とか契約情報がのっかったカードが入ってる。

日本だと、auで買った本体にはauで契約したsimカードしかさせない、

ドコモのにはドコモのーみたいな”縛り”っていうのがある。

これをSIMロックっていう。

SIMカードのほうにロックがかかってたり、iPhoneや他のスマホ自体にロックがかかってたり、その両方だったり。

 

でも海外だと、そんなもんはない!!

 

Aって会社で買ったスマホにBって会社の安いプランで契約したsimカードを入れれる。

で、B社のプランが気に入らなかったらC社のプランに変えれる。

新しいスマホが出たら、C社のプランを使って、Dっていう新しいスマホを使える!

スマホを買うお金はかかるけどね。

 

日本はその端末代金をソフトバンクauなりが、AppleとかASUSとかから大量に購入して事前に払ってる。

で、その端末を0円にして、契約料で稼ぐ、っていうシステム。

だから途中で契約解除されると払った端末代を取り戻せないので、

”契約解除料”だったり、”サービス料”っていうわけわかんない料金を取る。

 

 

格安SIMを売ってるとこは"MVNO"って呼ばれてる。

ドコモが月6000円だとしたら、MVNOだとプランにもよるけど2000円とか3000円とかで契約できる。

今後、企業の競争が激しくなったらもっと安くなることも考えられるし、チョー夢がある。

 

なんで安いかっていうと、ドコモとかソフトバンクは電波タワーを建てて、お金をめっちゃ投資してスマホの通信電波帯をゲットしてる。

MVNOはそんなお金はないので、ソフトバンクらが持ってる電波を”レンタル”してるわけ。

一括で車変えないからローン組む、みたいな。

それでMVNOは月のコストが安いので安いわけ。

 

 

で、結局どの格安SIMがいいのか

 

いまのとこいいな〜ってざっくり思うのは

 

みおふぉん

ぷららモバイル

 

まー細かいプランはちょこちょこあるみたいだけど、

ぷららモバイルは無制限でLTE使い放題らしい。

 

 

www.plala.or.jp

イケダハヤトさんもおすすめしてます。

 

 

 

他にも

楽天だったり

日本通信だったり

freetelだったり、

イオン独自のやつだったり

ヤマダ電機とかの家電量販点のやつだったり

 

いろいろ出てるので

自分にあったプランで選ぶのがいいと思います。

 

ちなみに、ぼくが変えるとしたら

通話はほとんどしないので

通話はなくていい、LTE無制限で使えるぷららに変えますね。

 

あと、端末は新たに買う必要があるので、

最初に2、3万かかる。

まー1年で元取れるんじゃないか?

 

ただ、今auで契約してて7GB制限だけど

3400円で持ててるからまだあえて格安にする意味もないかなーとか思いつつ。

 

2年縛りがとける頃もう一回検討したい。

 

 

 

 追記

 

日本と海外の電波システムの違いについて詳しい話

 

gendai.ismedia.jp