Hima Blog

世界のこととかITとか、ゲーム、イベントなどについて書きます!

PPAPに感じた日本と海外のお笑いの違い ゆとり世代こそ日本を変える

前にも書いたのですが、日本のお笑いと海外のお笑いの違いって結構あるよね。

 

日本のお笑い=複雑、ひねりすぎ、察させる

海外のお笑い=シンプル、バカ

細かくはもっと違うんだろうけど、ま~こんな感じ。

 

スマホやモバイル動画が浸透してきて、世界中のクリエイター、お笑い好きな方が情報発信できる世の中になってきました。

そんな中で世界中にウケるコンテンツは、やっぱ世界スタンダードな”シンプル”な笑いなんだよね。

 

"江南スタイル"だったり、"PPAP"だったり、パット見の衝撃があって、なんか真似したくなるお笑い。

 

で、ふと思ったけどこういうシンプルなお笑いに回帰する現象って国内でも起きてね?

ラッスンゴレライとか、Youtbeのバカやってみました動画とか。

おじさんたちは、「な〜にがおもろいんだ!!!」って思うでしょうけど。

ゆとりとバカにしてた若い世代の方がグローバルスタンダードに馴染んでるんだよねー。

若いってすごいやん?

そんなゆとり世代が海外にどんどん出ていって、世界中に愛される、そんな日本になったら楽しいだろうな〜。