Hima Blog

世界のこととかITとか、ゲーム、イベントなどについて書きます!

ツイッターで直接政治すればよくね?

しょーもない政治家がしょーもない法案つくるなら、

みんながツイッターで投票やら審議しあって政治行えばええよね。

 

昔はインフラ整ってないし、時間かかるからーいうて間接民主主義になったらしいじゃん。今ならできんでねーの。

 

ないし、グーグルそれに近い事すでにやってるよね?

Amazon、グーグル、AppleFacebook

小国家よりすでに大きい収益があるグローバル企業が、Wi-Fiの整備、災害時の支援・ボランティアなどなど。

本来国がサポートすべき部分で、グローバル企業の方がスピーディにしかもより効果的に大きな影響を与えいる。

 

いや、企業になんか任せたら大変や!っておもーじゃん?

でも大半の人って大して政策のこと知りもしないで、顔がちょっといいだけのおじさん、おばさんに投票するんでしょ?どうせ。

知人に頼まれたから〜いうて入れるんでしょ。

 

そんなんならAndroidやグーグル検索っつーすげー商品を世の中に広めてくれた企業とかに政治任せた方がいい商品(国・政治)が出来上がる、って想像できないかな。

 

まー実際はできるんだと思うけど、感情で判断してしまう人が多いし、世の中の多くの人は初めてのことにチャレンジしたくない、そのくせ文句ばっかいう人ばっかだから、実現は難しいかな〜。

 

ゆっくりとFacebookやグーグルが、アフリカの国を変えつつあるやん。

そうやってアフリカ、貧しい国を巨大グローバル企業が救う。

で、出てきた優れた人材を雇ってまたデカくなる。

ほいで、国よりも力つけて、グーグルが税金を集める。

ほいで、生活保護ならぬ「グーグルケア」みたいなの作って、働きたくない人は最低月給をもらって働かなくてよくなる、っていう世の中になりつつあるよね。

今って、頑張ってる人の足を引っ張ってる人もおるだろうから、そういう人が働かないでお金もらえる代わりに、優秀な人の足を引っ張らなければより世の中よくなるよなあ。