Hima Blog

世界のこととかITとか、ゲーム、イベントなどについて書きます!

日本人は優秀な人がいっぱいいるけどシステムが機能してない

海外って飛び級があるので、優秀な若い人が目立ちやすいよね。

 

そのおかげで、優秀なイノベーターとか起業家がでてきても社会がすんなり受け入れるイメージ。

 

Summlyを開発したニックは14歳くらいだったはず。

 

 

日本にも優秀な人はいっぱいいるんだけど、学校が飛び級を許さなかったり、すでに理解している授業を何度も反復させられる。

あげく、受験勉強っていう学問の探求に全く関係ないことに時間を費やされる。

 

 

なにが悪いのか、子供のころわからなかった。

 

これって教育システムを作った人が悪いだけなんだよね。

 

 

子供のころ、

「なんでこんな無駄なことを学ばないといけないの?」

「こんな簡単なことをなんで繰り返し学ばされるのか?」

「なんで英語ができない先生が英語を教えているのか?」

 

ずっと疑問だった。

 

 

人間って完璧じゃないし、人間が作ったシステムも完璧じゃないってだけ。

学校も、教育もすべて人間が作っただけのシステム。

 

学校で生活するのが全てだった中学生時代にこの視点はなかった。

 

ってな点で、日本の教育システムってオワコンだよねー。

グーグルで世界のいろんなサイトみてたり、Youtubeで動画見てる方が勉強になりますよーと。

なので学校の価値、ほとんどないよね。

 

今後学校、大学っていうシステムもなくなっていって、

既存の学校や大学より高い教育を提供できるIT企業がネットで教育をするようになるんだろうな。

 

今もネットで講義を受けられるサイトはいっぱいあるけど、

これからはそれがもっと進化して、ネットで学ぶのが普通になったりするんだろう。

 

今だってアメリカにはホームスクールやロボットをつかって授業を中継する例だってあるし。

 

こんな風にITが進化するおかげでいろんなリアルのシステムがハックされてるのって面白いよね。